慰謝料が貰えないケース

女の子慰謝料請求ができるのは、精神的苦痛を与えられたことを証明出来た場合です。離婚理由が慰謝料請求できるものに該当していても、それを証明できないと最悪慰謝料請求できない場合があります。

基本的に不倫や浮気をした側は、離婚請求も慰謝料請求もできません。請求できるのは浮気や不倫をされた側です。不倫の場合は配偶者だけでなく、不倫相手にも慰謝料請求ができます。ただしダブル不倫の場合は、相手側も慰謝料を請求してくるので注意が必要です。

慰謝料を請求する権利があるのに慰謝料がもらえないケースとしては、性格の不一致です。価値観や金銭感覚があわないな結婚生活を継続するのに困難な理由があれば離婚できますが、それを証明できないと慰謝料がもらえません。また慰謝料請求する側が主張する意見と、請求される側の意見が食い違うような時も慰謝料が認められないことがあります。

よくあるのは嫁と姑問題です。どこにでもあるような話ですが、姑との折り合いが悪いから離婚するというような場合は、慰謝料請求の条件を満たしていないとみなされるので、慰謝料がもらえないことの方が多いです。こういうところの見分けが難しいので、慰謝料請求を考えているなら弁護士に相談するといいでしょう。