そもそも慰謝料って?

交通事故慰謝料というと、交通事故の被害者が加害者から受け取るイメージですが、離婚でも慰謝料を請求することができます。慰謝料とは精神的な苦痛に対して支払われるものです。交通事故の場合は怪我をする可能性もありますが、事故に合ったショックと怪我を負ったことに対する精神的な苦痛は相当大きくなります。そのためその苦痛に対して損害賠償を受け取る権利があるのです。

離婚の場合は、交通事故に例えるなら離婚の原因を作った方が加害者、離婚を言い渡された方が被害者となります。加害者は被害者が離婚によって受ける精神的苦痛に対し慰謝料を支払って償うと考えるとわかりやすいでしょう。

慰謝料を請求するのは、被害者の方です。加害者は慰謝料請求はできません。慰謝料の請求が可能になるのは、精神的な苦痛を受けたことを証明しなくてはいけません。証拠集めをするなら弁護士に相談した方が的確なアドバイスをもらえますし、書類なども作成してもらえるので慰謝料請求には有利となります。

慰謝料請求ができるケースとしては、相手の浮気や不倫、DVなどですが、ほかにもいくつか理由として認められるものがあります。ただし中には離婚するとしても、慰謝料請求ができないケースもあります。

離婚を弁護士に相談したい

海外セレブや日本の芸能人が離婚する時、何億円~何十億円という巨額の慰謝料を支払うことがあります。これを見る限りでは離婚するとたくさんの慰謝料をもらえるように思えてしまいますが、これは海外セレブや芸能人など限られた人の話です。一般人でも離婚する時、相手に非があれば慰謝料を請求することができます。ただし自分に非がある場合は、慰謝料を支払う側になる可能性もあります。

弁護士基本的に慰謝料は年収や財産によって決まるので、年収や財産が多い人ほど慰謝料も高くなる傾向があります。しかし一般人の場合は年収や財産も限られてくるので、何億円という慰謝料は期待できません。慰謝料についてはいくつかの基準がありますが、一般人の場合は相場でも数十万円、多くもらえる人でも三百万円前後です。百万円以上もらえたらかなり多いと言われるので、離婚すればたくさんお金がもらえるわけではないのです。

ただでさえ少ない慰謝料も、相手が納得してくれないと支払ってもらえないことも。こういう場合は口約束では不安しか残らないので、証拠を残しておく必要があります。また弁護士が間に入ることで、当人同士で話し合った金額よりも多くもらえることもあります

離婚トラブルで困った場合は弁護士へ相談することをおすすめします。離婚理由にもよりますが、弁護士を立てたことで、当初の話し合いよりも慰謝料が増えたというケースは少なくありません。慰謝料がもらえる権利がある以上できるだけたくさん貰いましょう。